人の愛、自然の美を『詩』『ひと言』『想い』等で綴る。 水鞠の美の如く!!      哲学・・《詩は心》                    

2006-09-21_09-42-51_anime.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
CIMG2590.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
           ・・コメントの受付は休止ですが、訪問履歴を残していただければ!・・  一部過去の詩も再UP中                  (告示)  著作権堅持 !!

Calendar

01月 « 2011年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
《ブログランキング》 《ブログ村ランキング》
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
FC2 managemented
『詩』 友を訪ねる
2011-02-27 Sun 12:08
img_友を訪ね



                       『詩』友を訪ねる




                秋も深まる夕暮れ時
                友人宅に誘われ家を出る
                「奥様によろしくね!」
                お世話になっている友人ご夫妻にと
                台所からの呼びかけ声を背に受けながら
                手作りの酒の肴を持たされて
                通い慣れたいつもの
                並木の小路に出た



                この地に来たばかりの
                あの頃のように
                先程までの強風も去り
                黄や緑の木の葉が散り落ちて
                美しく秋を演出していた
                鮮やかな紅の陽が私の顔を染めた
                滲み出すような黄金色の夕焼けが
                そこには有った



                空を歩く夕焼け雲の後を
                追いかけるように歩を速めた
                今日はこちらの都合で
                一人で訪ねる事になって・・・
                次は友人のご家族を我が家に呼んで
                珍しい鍋のパーティを計画中なのだ
                今日は一人でお呼ばれとしよう



                帰宅の路は夕陽も沈み・・
                でも多分私の顔の色
                夕陽に負けじと赤らんで・・
                いるのかも知れないな~!!





                          ☆ 何も解らず来たこの地

                            お世話になり通しのご夫妻に感謝!!

                                

                                       by JYO


                          ※ある秋の詩  
スポンサーサイト
別窓 | 過ぎたある日の詩 |
FC2 managemented
| 水鞠の詩(みずまりのうた) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。