人の愛、自然の美を『詩』『ひと言』『想い』等で綴る。 水鞠の美の如く!!      哲学・・《詩は心》                    

2006-09-21_09-42-51_anime.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
CIMG2590.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
           ・・コメントの受付は休止ですが、訪問履歴を残していただければ!・・  一部過去の詩も再UP中                  (告示)  著作権堅持 !!

Calendar

06月 « 2011年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
《ブログランキング》 《ブログ村ランキング》
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
FC2 managemented
『詩』 祇園祭
2011-07-21 Thu 20:50
img_9.jpg


CIMG4995.jpg

祇園 宵山



            『詩』祇園祭ぎおんさい


       ちょっと 耳をすませて
       ほら
       あの明るく澄んだ君の声
       コンチキチ・・コンコンチキチ・・コンチキチ
       細やかで 
       しとやかな君のユカタ姿
       僕の胸に波をたたせた 
       ときめきのその時
       君の微笑みが 吐息が  
       僕の耳元に添うたあの時              
                                         
       ちょっと 心静かに
       ほら
       あのさわやかな君の香りが
       コンチキチ・・コンコンチキチ・・コンチキチ
       音色にあわせ
       幼児(ちご)のようなその小首
       僕の肩にリズムを打つ 
       やわらいだ幸せのその時
       君の鼓動が 夜風を伝い 
       僕の頬をよぎったあの時
    
       ちょっと こっちを向いて
       ほら
       えくぼの笑顔を
       振りまいていた君が
       コンチキチ・・コンコン・・チキ・・チ ・・
       コン・・・・
       チッ・・・・・・・・・

       なぜ・・
       今
       君はここに居ないの ?

       物憂い姿 映して揺らぐ 
       うっすら涙に
       寂しさつのるこの時

       祭りの灯りに 浮かんでは 
       消え行く
       夏の夜の
       遠いあの時





                by JYO

                      (京都 ある夏の思い出・・遠地北欧の君を想いて)
スポンサーサイト
別窓 | 振り返り詩 |
FC2 managemented
| 水鞠の詩(みずまりのうた) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。