人の愛、自然の美を『詩』『ひと言』『想い』等で綴る。 水鞠の美の如く!!      哲学・・《詩は心》                    

2006-09-21_09-42-51_anime.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
CIMG2590.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
           ・・コメントの受付は休止ですが、訪問履歴を残していただければ!・・  一部過去の詩も再UP中                  (告示)  著作権堅持 !!

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
《ブログランキング》 《ブログ村ランキング》
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
FC2 managemented
『詩』熱い紅茶
2010-07-31 Sat 20:59
CIMG1222.jpg



                          『詩』熱い紅茶



                    窓辺は靄(もや)がかかり銀粒色です
                    寒い朝のいつもの景色です


                       熱い紅茶を口にふくみ
                       フッと戸外(そと)に息を吐く
                       戸外の芽吹きを速めたような
                       部屋のぬくみを感じたようです


                    熱い紅茶を口にふくみ
                    フッと室内(へや)に息を吐く
                    部屋のマリーが微笑みかえす
                    朝の挨拶が嬉しいようです


                       マリーンブルーのテーブルクロス
                       そっと紅茶のカップを乗せる
                       私の心に安らぎをくれた
                       心のぬくみを感じるひとときです


                    熱い紅茶に余韻を感じ  
                    白磁のカップが残り湯気(げ)をみせ
                    今朝のひとときを浮かせてくれました
                    今日への流れが澱(よど)まぬように
                    明日への想いを紡(つむ)いでくれました





                     ☆  ある寒い朝に   by  JYO
別窓 | 今想う詩 |
FC2 managemented
『詩』いつも
2010-07-29 Thu 17:59
CIMG2138.jpg





          『詩』いつも


       満面の笑みで

       はじけるエクボに

       かがやく花をみ

       きらめく涙から

       うるわしき情(こころ)をみる

       おおきな瞳はいつも朗らかで

       熱き唇は愛の泉となる

       君のしぐさはいつも愛らしく

       いつも無邪気だ



           ☆遥かからいつも君を!  by  JYO
別窓 | 今想う詩 |
FC2 managemented
『詩』可愛いしぐさとは
2010-07-29 Thu 13:36
CIMG1169.jpg


        『詩』可愛いしぐさとは

                            
               可愛いしぐさって?

               『パパにチューは?』と言うと
               サッとパパの方に駆け寄って
               と思ったら
               パパの横を
               綱渡りのようにすり抜けて
               ママのお膝にチョコンと乗り
               ママとチューして
               ニコッと振り向く


               可愛いしぐさって?

               『ママは?』って聞くと
               ママのお膝で
               体をのけぞりイナバウワー
               ママを指差しククッと笑う
               『パパは』?って言うと
               そぉっとパパとにらめっこ
               パパのほっぺを指でツンとつつく


               可愛いしぐさって?

               お顔にいっぱい
               ケーキのクリームくっ付けて
               『取ってあげる』と言うと
               雪ん子のような白い顔
               ヒョイとそむけて逃げてしまう
               『おててを拭いてあげる』と言うと
               ニコニコしながら
               おててに付いた白いクリーム
               『食べて!』と言うしぐさをしながら
               ママの口にその手をそっと出す


               可愛いしぐさって?

               おもちゃの車に夢中でも
               カメラのレンズを向けると
               両手の指をほっぺにチョンと付け
               カメラ目線でポーズをとる




             ☆ 1・5歳の男の子   by JYO
別窓 | 今想う詩 |
FC2 managemented
『詩』 乳白色に潤む街
2010-06-05 Sat 12:45
CIMG6119.jpg


     『詩』乳白色に潤む街

  トルナヴォーニの通りを横路に入ると
  温かな空間が私を迎え入れてくれた
  柔らかな空気と
  ゆったりとした時間が漂っていた
  オレンジ色をした石壁の家が
  印象派の光を浮かせていた

  まばゆいばかりの碧い空を
  ゆったりと仰いだその瞬間
  街にたたずむ君の姿がそこに有った
  乳白色のパンツと
  淡系カジュアルジャケット
  街の彩色に溶け込み
  スタイリッシュな君の佇まい

  やがて
  街が潤んだように
  その表情を変えていった
  包み込むような
  君の笑み顔がこちらを振り返る
  絵画から浮き出たようなその姿

  スペイン語訛りの男が
  何かを叫んだ次の瞬間
  君の姿はオレンジ色の中に消えていた
  何も無かったかのように行き交う人の群れ
  ただ
  恋人達の姿のみが消え入るように
  そこに有った


            ☆ イタリア フィレンツェの想い

                         by JYO
別窓 | 今想う詩 |
FC2 managemented
『詩』 ママの料理
2010-05-29 Sat 18:09
CIMG1286.jpg




                          『詩』ママの料理"


                     ママの料理はちょっとおかしいんだ
                     でもとっても美味しいんだ
                     包丁さばきはバツグンで
                     でもその包丁の使い方
                     やっぱりちょっとおかしいんだ


                     野菜を切る音軽やかに
                     トトトン・トンパッ
                     トトトン・トン

                     トトトン・トトトン
                     トトトン・トンパッ


                     カラフル料理のお出ましだ
                     おいしい香りがパット散る
                     お台所いっぱいに
                     ボクらのお腹をめがけて散る
                     ママのおいし!!
                     ママのおいし!!
                     集まる我が家の笑顔と笑顔


                     綺麗にドレスアップしたお料理達
                     白いテーブルにお揃いだ
                     笑顔のボクの
                     大きな瞳のその中に
                     あざやか料理が映ってる


                     手品のような手さばきで
                     ママが作れば全ての料理
                     世界一のお料理だ
                     全てが満点の美味しさに
                     みんなの頬がわらっている
                     みんなの瞳が輝いている




                    ☆    ボク(おチビちゃん)の大好きなママ
                         レパートリーは広く
                         でも料理名は難しい!!
                       

                                   by JYO
別窓 | 今想う詩 |
FC2 managemented
『詩』 りんごの花よ
2010-05-19 Wed 05:56
CIMG1093.jpg



       『詩』りんごの花よ


       薄い朝焼け辺りを溶かす
       うっすら霞も僅かちぎれ
       静寂の畑にりんごの花よ
       美しくも可憐なその姿
       恥らうように覗かせて

       りんごの花よ
       ひとつは蕾
       秘めたその想い緋の彩よ
       ひとつは花びら
       かぐわしきうす紅の彩よ

       りんごの花ほころび
       紫の和風(やわかぜ)に身を置けば
       たおやかなるその姿
       甘き香りもういういしく
       心にも花ほころぶ



       花言葉 : りんごの花

             最も美しい女性へ

                           君に捧ぐ詩  by JYO
別窓 | 今想う詩 |
FC2 managemented
『詩』 雪よ溶けて
2010-04-01 Thu 21:12
CIMG1900.jpg



                  『詩』』雪よ溶けて




                    君の故郷に

                    温(ぬる)みの季節が来ようとしています

                    でもまだ

                    その樹は雪で覆われていました


                    あの春の喜びに流した泪も

                    あの秋に落とした涙の雫も

                    この樹の下にきっとまだ

                    この雪の下にきっとまだ

                    埋もれているはずなんです

                    今年やっと二人で探しに来ました

                    一足早い雪解けの音に誘われて


                    ほらあの森があそこ

                    湖はあちらの方

                    あの思い出の場所がこの辺り

                    あぁ~あの小川がここ

                    懐かしいその風景



                    この樹の下の

                    あの日落としたなみだの雫は

                    雪に包まれた君の故郷の

                    大切な大切な

                    二人の大切な秘密の落し物なんです




                    私達の熱い想いが通じるなら

                    まだ春浅いこの雪も

                    きっときっと溶けるでしょう

                    なぜなら

                    この樹の下に

                    私達の宝物は見つかるはずなんです



                       ☆ 君の国Finlandにこの冬 久しぶりに訪れて。

                                       by JYO
別窓 | 今想う詩 |
FC2 managemented
『詩』 いつも
2010-03-26 Fri 20:59
CIMG2138.jpg





          『詩』いつも


       満面の笑みで

       はじけるエクボに

       かがやく花をみ

       きらめく涙から

       うるわしき情(こころ)をみる

       おおきな瞳はいつも朗らかで

       熱き唇は愛の泉となる

       君のしぐさはいつも愛らしく

       いつも無邪気だ



           ☆遥かからいつも君を!  by  JYO
別窓 | 今想う詩 |
FC2 managemented
BACK | 水鞠の詩(みずまりのうた) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。